えいみぃの、平成元年東京ライフスタイル

生活、節約、投資、旅行のことを雑記してます。ルールは人の悪口を書かないこと

2泊3日の与論島旅行3日目。百合ヶ浜は本当に絶景だった。ヨロンシーサイドガーデンもグッド

シェアする

2017年の夏休みも残すところあと僅か。

2泊3日の旅も最終日の3日目。

 

憧れの百合ヶ浜へいざ上陸

最終日の目的地はかの有名な百合ヶ浜。

百合ヶ浜はいつでもあるわけではなく、潮の満ち干きによってたまーに現れる砂の島。

ヨロン島ビレッジのフロントに貼ってあった表を確認して、2017/8/19はお昼前が最高というのをチェック。

 

百合ヶ浜は島の東側の大金久海岸付近からでるグラスボートに乗って連れて行ってもらう。特に予約などは必要なく、行けば次に出る便に乗せてもらえる。

 

 

 

船が出港すると程なく百合ヶ浜が見えてくる。 

 

肉眼で見てもこの写真のまんまの景色だった。

 

与論島に訪れる大半の人の目的が百合ヶ浜だと思うので、さすがにこの狭い島では混んでいると思いきや、そうでもない。

島になっているところ以外も水深20cmくらいのところがずーっと続いていて、海の中に寝っ転がっていられる。

今年は百合ヶ浜の当たり年だったようで、比較的大きく島が現れていたらしい。

 

 

与論島随一のロケーション、カフェとしても使えるヨロンシーサイドガーデン

百合ヶ浜を堪能したあとはYoron Seaside Gardenへ。

yoronseasidegarden.amebaownd.com

 

百合ヶ浜からはほど近い場所にあるこちら、最高の景色を楽しみながらお茶することができる。

きれいに管理された庭に席があり、海に面した席がベストスポット。

入場料という名目で500円かかるが、実際にはワンドリンク付きでの入場料なので、お茶代ということ。

 

この海を見ながらコーヒーを飲むことができる。

 看板犬がいた。

 

与論島でお土産にフルーツを買うなら原農園

与論島旅行の最後に訪れたのは、フルーツを栽培している原農園。

hara-nouen.com

 

完熟マンゴーやパッションフルーツを販売している。

農園に行くと、オーナーの原さんが、よく来たねーと試食用にマンゴーとパッションフルーツを出してくれた。絶品。

 

お土産用のパッションフルーツと一緒に、マンゴージュースを頼んだ。 

とろとろのマンゴージュースは濃厚でびっくりするほど甘かった。

 

3日間、まったりと島時間を満喫できた。

 

与論島の本は少ない。貴重な一冊のこちら

他の旅行記事一覧

旅行 カテゴリーの記事一覧 - えいみぃの、平成元年東京ライフスタイル

 

 1日目に戻るのはこちら↓

www.aim-san.com

2日目に戻るのはこちら↓

www.aim-san.com