えいみぃの、平成元年東京ライフスタイル

生活、節約、投資、旅行のことを雑記してます。ルールは人の悪口を書かないこと

ダイビングライセンスを東京で取得したので費用と期間を紹介

シェアする

この記事で伝えたいこと

東京のダイビングショップでライセンスを取得したので、費用や実際の段取りを紹介

 

目次

 

東京でダイビングライセンスを取得した!きっかけは与論島旅行計画

今年、2017年の夏は与論島に行ってきたよ

 

2017年夏休み2泊3日の与論島旅行が控えめに言っても最高すぎた。1日目 - えいみぃの、平成元年東京ライフスタイル

2泊3日の与論島旅行2日目。初ファンダイビングで亀と出会う - えいみぃの、平成元年東京ライフスタイル 

2泊3日の与論島旅行3日目。百合ヶ浜は本当に絶景だった。ヨロンシーサイドガーデンもグッド - えいみぃの、平成元年東京ライフスタイル

 

この旅行を決めたのが大分早かったので、せっかくだから、ダイビングのライセンスを取得して、初ダイビングを与論島でしよう!

 

 

東京でもダイビングライセンスは取得できる

早速ダイビングのライセンスについていろいろ調べてみると、

1.ダイビングする現地に宿泊しながら一気にとるタイプと、

2.何日かに分けて通って取得するタイプがあることがわかった

 

調べる前は3泊くらいしないと取れないのかなーって思ってたけど、通いで取れるなら割とハードルが低い!

東京都内でもダイビングショップは結構あって、どこが良いか下調べが必要でした

値段がやっぱり6〜7万円くらいかかるところがほとんどだったけど、私が取得したところは4万5,684円だった

 

4万円台でライセンスが取得できるのはピーシーズというショップ。実際に行ってみた

2017.4.1

 

今回ダイビングライセンスを取得したのは、ピーシーズ(Peaceseas)という新宿のダイビングショップ

www.peaceseas.jp

インターネットでショップを検索して見つけて、まずは資料請求してから、予約を入れてショップへ行った

 

ショップは新宿の、小滝橋通り沿いにある雑居ビルの一室にあって、1人で入るにはなかなか勇気のいる場所だと思う

入ってみると結構きれいなとこだったのでひと安心

説明会は、2グループくらいでやることもあるみたいだけどら私たちのときは、自分たちの2人だけだった

 

説明会の内容は、ダイビングの概要、ライセンスの種類、取得までの流れ、費用などだった

申し込みを強要されるようなことは一切なく、むしろこの場で申し込みしていいのかわからないくらいの押しの無さだったので、とりあえず説明だけ聞きたい場合でも安心だった

私たちはスケジュール的にもお値段的にも納得だったのでその場で申し込んできた

 

申し込み後のスケジュール、実際の講習

2017.6.10

 

申し込み後は、まずは学科とプール講習から始まる

1日で両方終えることもできるし、学科を受けてから、別日にプール講習することもできる

今回は時間もなかったので、同日にしてもらうことになったよ

申し込み後、担当の方とLINEで直接やりとりして日程を決めてもらった

 

学科は10:00からスタート

学科講習は難しいことは無く、あっという間に終わってしまった

後で分かったけど、ライセンス取得最終段階で筆記テストを行うので、学科講習と筆記テストの期間が短い方が覚えててときやすかったかも

今回は通いで取ったので2ヶ月期間が空いてしまって、覚えてるかなーやばいかなーって思いながらの筆記テストでしたっ!

まぁ実際はプール講習や海講習でしっかり教えてもらうことがテストに出るので、そんなに心配いらないよ!

 

話が前後しちゃったけど、学科講習が終わるとそのままショップの車で、ダイビング講習用のプールへ移動

練馬にあるプールで、1時間程度で到着

講習は丁寧に教えてもらえたけど、学科と合わせて1日でやったためか、プールのレンタルの終了時間が迫ってしまった為、講習後半は若干慌ててのものになってしまった

最初にどういったスキルを、何時までにやるか示してもらえれば良かったなーとおもう

 

海洋講習1日目

2017.7.15

 

プール講習を終えた後は、海洋講習が2回ある

1日ずつ日帰りで参加させてもらった

講習で潜る海は、東伊豆エリアや西伊豆エリアが多いようで、状況によって変えてるそう

海までのアクセスは、新宿に6時50分頃に集合してショップの車で行く

1回目の講習は、三連休の初日の土曜日を選んでしまったため、渋滞がひどくて東伊豆まで行っていると時間が無くなってしまうので、急遽神奈川の江の浦という海に変更!

 

この日の海講習は私たち2人のほかにもう2人、計4人の2グループでの参加だった

もう少し多くでやるのかと思っていたけど、インストラクターは1人だったので、この人数が適正なんだと思う

プールのときは男性で、海のときは女性のインストラクターでした

 

江ノ浦港の海は穏やかで、神奈川でもダイビングできるんだなぁと感心したけど、2日くらい前まで台風が近くにいたため、海の透明度は良くなかった

 

といっても、私たちはダイビングで海に潜るのは今回が初めて

透明な海がどんなもんか知らないところに、「今日は透明度ひどいとおもうよー!お魚は心の目で見てください!」

なんて言われて、相当ひどいんだろうなーって思って入ってみたら、意外と見渡せるし魚も結構いるしで楽しかった

 

プール講習で慌ててしまったところなども改めて海でしっかり教えてもらえて、怪我も事故も無く、無事に1回目の講習を終えられた

 

遅めの昼食をみんなで食べて、また車で新宿まで帰ってきたのが大体17時過ぎくらい

はじめての海の中で緊張もあり、かなりヘトヘトになった

 

海洋講習2日目

2017.7.22

1週間後、2回目の海洋講習も渋滞発生してしまい江ノ浦港へ

伊豆未経験になってしまったので改めて行きたいなー

 

2回目の講習も基本的スキルの確認をしてもらったので、プール講習のときの不安はほぼ払拭

ほかの講習予定のスキルも無事終えて、最後はゆったり泳いで楽しめたいい講習だった

行程としては1回目とおなじで

6:50集合で、10時到着、2ダイブして、遅めランチして、ログブック書いて17時ごろ新宿で解散

 

最終筆記テスト

2017.8.6

海講習を終えて2週間後、最終の筆記テストを受けた

新宿のショップでおこなった

ある程度集まってやるのかと思っていたけど、ほぼ個別でのテストだった

なんとか合格点だったし、間違えたところもしっかりフォローしてもらったので、最低限の知識はもうダイジョーブ

あとは実践あるのみ!

 

ライセンス発行

2017.8.27

テストから3週間後、郵送でライセンスが届いた

ライセンス発行までは少し時間がかかるけど、それまでは仮ライセンスがもらえるので、与論島ではそれを提示した

 

これで正真正銘のダイバーだ!

でも機材の使い方とか、定期的にやらないと忘れちゃうなー

 

まとめ

・東京でダイビングライセンスを安く取れるのはピーシーズ

・一般的な水深18メートルまで潜れるオーシャンダイバーの費用が4万5,684円

 

・泊まりで行かなくても取得可能

・1回目の講習からテスト合格までの期間は約2ヶ月(人によります)

 

4月1日   説明会

6月1日   申し込み・お支払・学科・プール・講習

7月15日 海洋講習1回目

7月22日 海洋講習2回目

8月6日   筆記テスト・仮ライセンス発行

8月27日 ライセンスカード到着

 

 

以上

それではまた!